カードローンの仮審査で気を付けるポイント

急なお金のピンチには、カードローンが非常に便利です。この便利さに加えて申し込みが簡単になったこともあり、カードローンを利用する人は多くなっています。

 

特に、インターネットが急速に普及したことによって、インターネットを利用した仮審査の申し込みができるようになり、申し込みの手間が格段に楽になったと言えます。

 

インターネットを利用した仮審査への申し込みは、消費者金融のカードローンと銀行のカードローンのどちらも可能となっています。仮審査の厳しさは銀行の方が厳しいという見方が多かったですが、最近ではだいぶその厳しさも緩和されてきているようです。

 

一方、審査のスピードについては消費者金融が早かったものの銀行もスピードが上がってきている傾向にあります。消費者金融と銀行のどちらのカードローンに申し込みをしても、まずは仮審査というケースが多いでしょう。本審査のみというケースもあるようですが、仮審査と本審査の二段階という方式が一般的です。

 

入力ミスがないように注意

 

仮審査の申し込みは簡単にインターネットを利用してできるようになりましたが、気を付けるポイントがあります。そのポイントは入力ミスに注意するということです。

 

年収などの項目について入力することになりますが、この入力情報が間違っていることが後から判明すると審査でマイナス評価となります。急いでいるとついつい間違っていないか確認する作業などを怠りがちですが、しっかりチェックすることが重要となります。

 

仮審査の結果については、多くの場合にはその日のうちに分かりますし、1時間以内という場合もあります。ただし、その日に分からない会社もありますので、急いでいる場合にはスピーディな回答をしてくれるような会社を選ぶようにしましょう。