カードローンの仮審査に受かるための条件とは?

カードローンの審査のハードルは、それぞれの会社の基準によって差があります!

 

カードローンの審査に受かりたい!と思うのは誰しも同じではないでしょうか。審査基準については社内機密に属しますので、細かい基準内容について、申込みを行う方には知らされない仕組みになっています。しかしどのカードローンにしろ、まずチェックされる項目というのはあります。

 

仮審査でチェックされることは

 

仮審査において一般的に調べられることといえば、申し込んだ方の年齢、住所、勤務先や形態、勤続年数や年収などです。たとえば過去の借入に対する返済が出来ているか、度重なる延滞記録はないか、などについても、仮審査の際に参照されることもあります。

 

銀行系のカードローンであれ、消費者金融や信販系のカードローンであれ、これらの項目については調べられると思って間違いありません。

 

仮審査はあくまでも仮、本審査に受かるまでは安心できません!

 

カードローンの仮審査には、現在ではほとんどの会社がコンピューターを用いた自動審査を適用しています。仮審査の段階では、申し込んだ方が申告された内容に間違いがないかどうかの確認と合わせて、過去の返済記録についての確認として、度重なる滞納や返済の不履行などの事故記録がないかどうか、信用情報機関への問い合わせがなされます。

 

こんなことくらいは大丈夫だろうと思っていても、かなり詳しく調べられますので、たとえばクレジットカードで分割払いにしたものが滞納されているために、仮審査で落とされるということもあるようですので注意しましょう。

 

カードローンの仮審査に受かるためには、借入件数や金額を少なくし、延滞や遅滞がないようにしなければなりません。他にも他社のカードローンの審査で撥ねられたばかりなのに、すぐにまた申請を行うことも控えるようにしてください。