カードローンは仮審査をパスしても安心できない

仮審査と本審査は何が違うのか

 

カードローンには、仮審査と本審査があります。カードローンをこれから利用してみたいと思っている人は、この二つの違いについてよく知らないかもしれません。

 

まず、最初に行われる仮審査の役割は、簡単な自動判別を行ってふるいにかけるというものです。インターネットなどで申し込みを行った際に入力した個人の属性情報などを元に、機械的な判断を行いますので、短時間で結果が分かるというケースが多いです。

 

ただし、この仮審査をパスしたとしても、それでカードローンを利用できるということにはなりませんので、安心することはできません。次の段階として、本審査が行われることになります。

 

本審査で行われること

 

本審査では、仮審査の内容と書類などを人間の目で確認することになります。加えて、勤務先の確認などのために、いわゆる在籍確認という電話が会社にかかってくることも多いです。

 

最終的にカードローンを利用するためには、この本審査にパスしなければなりません。仮審査にパスできた場合でも、本審査には通らないというケースは珍しいものではないのです。

 

書類への記入のミスや不備で落とされることもありますので、書類の記入の際はミスがないように気を付ける必要があります。もちろん、偽りの記載をした場合にはすぐに発覚しますし、その場合は審査に通ることはないでしょう。

 

審査の厳しさについては、一般的には消費者金融のカードローンの方がパスしやすいということが言われていましたが、最近では銀行のカードローンもパスしやすくなってきているようです。銀行のグループの中に消費者金融が入るなどして、審査の仕組みも変わってきているというところが要因の一つでしょう。