カードローンの仮審査において調べられる過去の履歴とは

カードローンの仮審査では過去の借入に対する返済の記録と同時に、カードローンへの申込み履歴もチェックされます!

 

カードローンへの申込みを行った場合、まずはその会社の審査を受けることになります。仮審査でチェックされる内容の中には、過去の借入に対する返済状況、さらにはこれまでどのような会社のどのようなローンに申し込んだか、という申込み履歴も調べられます。

 

この審査において、たとえばこれまでに延滞や遅滞、あるいは完済に失敗したことがあるなどの履歴があると、審査において不利になります。

 

たとえ仮審査に通ったとしても、本審査においてこれらの事故記録が明るみになると、審査ではねられてしまいますので、カードローンへの申込みをお考えの方は、ご自分の過去の借入及び返済記録について、よく反芻してみるようにしてください。

 

他には他社からの借入がまだ残っている場合、これについて正確な事実を申告するようにしてください。仮審査に受かりたいばかりに、虚偽の申告をするとそれだけで審査に通らなくなってしまいます。他社からの借入の残高などについて申告を求められたら、正確に伝えるようにしましょう。

 

カードローンへの申込みは慎重に行うようにしてください

 

現在ではカードローンへの申込みは、ウェブ上で済ませることが主流になりつつあります。インターネットを通して申込みを行うメリットは様々です。ウェブ申込みなら24時間いつでも出来るため、いつその場の勢いで申込みを行ってしまう方もいるようですが、申込みを行う前にはよく考えるようにしましょう。

 

とりあえず申し込んでみる、という軽い気持ちで数社に申込みを行った挙句、審査ではねられてしまうと、次に申込みを行ったときに不利な扱いを受けてしまいます。複数のカードローンに申込みを行うと、事情が差し迫っているのではないかと思われ、それが原因で審査にはねられることもあります。